一般常識対策 ~労働経済~

今回は、一般常識のうち、労働経済対策です。

まずは、厚生労働省発表の統計資料一覧のページです。

photo:01


これらの資料をすべて、原典から探すのは、大変ですね。


それらは、単発講座などでまとめていますので、

それらを利用していきましょう。

次に視点をかえて、一般的な教材であれば、

掲載されている最新情報を

資料別に考えてみました。



まずは、就労条件総合調査です。

photo:02


就労条件総合調査は頻出の調査です。

一度、HPから図表を含め、確認しておくこともよいでしょう。

従来の調査データに加え、新規の調査データにも余力があれば、

目を通しておきましょう。


次は、パートタイム労働者総合実態調査です。

photo:03

さらに、就業形態の多様化に関する総合実態調査です。

photo:04



上記の調査は、毎年行われているわけではないので、

少し、注意しておくとよいかもしれません。

その他の調査としては、毎月勤労統計調査です。


photo:05


総務省統計局の調査としては労働力調査があります。

photo:06


以上、息抜きの資料として、そのまま眺めておくことも

有効です。


細かい数字を「覚える」というよりも、

自分が思い描いた指標と異なっていたときに、

「へえ~、そうなんだ」といった感じで

確認しておきましょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。