正確な知識

今回は、少なくとも正確な知識を! です。

・・・・・・・・・・・・

あともすです。

さて、もう来月に本試験となり、
残り時間は少なくなってきました。

本試験までには、
記憶することは山ほどあります。

回は全てを覚えなくても、
正確な知識があれば解答 (得点)できる
という点についてコメントします。

もちろん数多く正確な知識を身につけられれば、
それに越したことはないですが、
よくご相談をいただく受験生の方には、
仮に全てを覚えなくても
しっかりした知識があれば
得点は取れるケースがあるとアドバイスしています。

今回は障害年金を例にあげてみます。

障害年金には程度に応じて
1級
2級
3級 (厚年のみ )
障害手当金 (厚年のみ )
となっています。

その程度については
当然ですがそれぞれ法的な定義があります。

この定義について出題があった場合ですが、
2級と3級の定義をしっかり押さえていれば解答できます。

2級 :「日常生活が著しい制限」
3級 :「労働に著しい制限」

この2つだけ
“一言も漏らさずしっかりと”
押さえてください。

1級 では「不可能」という表現が用いられています。
2級 より障害が重い方ですから
「著 しい制限」ではく
「不可能」と定義されています。

障害手当金は3級より障害が軽い方で
「初診日から5年以内に治癒し、労働に制限」
と定義され
“著しい”という単語がありません。

2級と3級の定義には
どちらにも「著しい制限」と出てきますが、
厚年にしかない3級では
“労働”といかにも厚年っぽいですよね。
逆に2級は”日常生活”
と如何にも基礎年金らしいですよね。

繰り返しになりますが、
覚える項目を絞り込むということは、
“曖昧さを完全に排除する”
と いうことです。

自分の経験では、
うっかりとか
ケアレスミスとか
はその殆ど全てが”曖昧な知識”でした。

曖昧な知識は
試験時間を浪費し
脳を消耗する要因になり、
本試験では通用しません。

時間が限られている方は。
全てをぼんやり覚えるよりは
たとえ部分的であったとしても、
正確な知識を身に着けるようにしてください。

・・・・・・・・・・・

模試や答練の復習でも同じことがいえます。
時間のある方は、全問題、完璧に復習すればよいので、
特にコメントは不要ですね。

模試を例にとれば、
解いた問題は70問、350肢。
仮に35点だった方がいたとします。

復習する際には、
できた35問のうちでも、
ちょっと自信がない問題を10問ピックアップ。

できなかった35問のうち、
ケアレスミスをした問題、
記憶違いをしていた問題、
解答解説を見たら、できそうな問題を
10問から20問ピックアップ。

決して全問題ではありません。

できたけど自身のない10問

間違えた10問から20問の
合計20問から30問を復習します。

ただ、この際も全部の肢を
復習するのではありません。

答になった肢と
迷った肢(自分が選んだ肢)の
各問2肢の復習をしましょう。

で、これらの論点を確実にする。

試してめても!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。