特定社会保険労務士試験

今回は、直接の社会保険労務士試験ではなく、
特定社会保険労務士試験について、少しお話を。

私が特定社会保険労務士試験を受けたのは、
10年ほど前の第2回試験だったと思います。

この時期、体調が悪くとも休めない研修を受け、
試験を受けないといけない、なんて大変です。

まったく特定社会保険労務士試験がわからない方へ

社会保険労務士となった後、
一定の業務を行うために、
研修を受けて、
試験に合格しないといけないことになっています。

その研修が例年、9月から11月にかけて行われ、
研修終了後の11月に試験となっています。

今回、試験を受ける身近な方がいて、
久しぶりに研修の課題とか、みて考えました。

特に答弁書について考えました。

今回の事案は、未払残業代を請求された会社側が、
どのように答えるか、といったものです。

私が考えるのは、当たり前ですが
事実がどうか、ということです。

最近はあまり参加できていないのですが、
判例研究のゼミでも、
事実がどのようになっているかですね。

基本的には、文章でなんて書いてあるか、と考えています。
なかなか表現するが難しいのですが・・・。

まだ、研修中と思いますので、
詳しいお話は・・・ですが。。。

ただ、お聞きした印象では、皆さん、
従業員の方に優しいなあ~、って感じでした。

私なら、もっと厳しい答弁書で、
和解案が、お聞きした方々のものって感じなのですが・・・。

最終的には、現実的にも、
残業代請求に対しては、会社側が弱い立場の気がしますが、

ただ、会社側の立場で相談を受けたら、
会社側のことだけを考える感じです。

また、いろいろお聞きしたら、
コメントしたいと思います。

ではでは。

特定社会保険労務士試験” への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。