過去問など問題の復習方法(1)


この時期から、過去問を具体的にどのように利用していく

ことが効率的でしょう?


まず、解いてみて、簡単にチェックした後は、次のような感じでしょうか?

photo:01
平成23年の労働基準法の問1です。

あまり難しくない問題、正答率80%を超えるような問題でしたので、
皆さん、正解できていますよね。

正解肢Cの十和田観光事件は、平成16年にも出題されていますし、
大丈夫であってほしいです。

他の誤りの肢についても、誤りの部分がわりと明確ですから、
その部分もしっかりとおさえていることが必要ですね。

この問題については、全部の肢について、
しっかりとおさえていることが必要な問題でした。

この問題で誤ってしまった方は、まずこの問題すべてについて
誤りの肢を正しい肢に直して、覚えていきましょう。

この時期になって理解しようなどと思わず、

他の問題についても、覚えていきましょう。


今週中に平成23年、平成22年と進めていくことが1つの方法です。

「どうやって覚えるか」、「もう過去問なんてできるよ」
とかいう方のための学習方法は、
次回改めて、お話しします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。