答練

答案練習(答練)について

そろそろ答練の時期になってきました。


ほとんど当たり前っぽいお話です。

ただ、実行できる方はそれほど多くない、

いや少ない気がします。

そこが合否をわけるポイントのような気もします。


「時間がない」、よく聞く言葉です。

でも、それはわかっていたことではないでしょうか?


ただ、みなさんはそれでも、社労士の勉強を始めました。

であれば、がんばってみましょう。

流行語、ではありませんが、「いつがんばるの?」


「今でしょ。」


答練で、良い点数をとることは重要です。
そのためには、しっかりと対策をたて、

高得点をめざしましょう。


答練の試験時間の80分、90分程度かと思います。
その時間、精一杯頭を使いましょう。


結構見ていると、時間が余ったのか、

試験時間の終了間際、
結構「ぼっー」としている方、見かけます。

で、点数をみてみると、ケアレスミスをしている。


もったいなくてしょうがない。


解説の時間、やっぱり「ぼっー」っとしている方、

いらっしゃいます。

まったく知らなくとも、

よく考えたつもりでも、

ケアレスミスでも、
1点の失点は同じです。


その認識をもってほしい、です。


そのあたりを意識してみてください。


準備方法(予習)、復習は、改めて。


(つづく)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。